プロトメタルバイブ「クナイ」の形状って・・・ウィード抜け良いの??

クナイプロトメタル

プロトメタルバイブ「クナイ」。本当によく釣れています。しかし、この「クナイ」メタルバイブとしては何だか変わった形状。パッと見から思うのはコレ、ウィードの抜けやフッキングはどうなの??って所でしょうか。では、そんな疑問について書いてみたいと思います。

ウィードの抜けはと言いますと・・・

これがまた、すこぶる良いです。

通常のメタルバイブはプレートが縦向き(水を切るような感じ)に泳ぎますが、クナイは平面で水を受けて泳ぎます。なので当然、水だけでは無く、ウィードもルアーの平面で受けることになります。

ウィードにタッチする部分が平面という事もあり、一見モッサリとウィードを拾い「うぁ~・・・」な感じにも見えますが・・・、軽くシャクってやるだけでブリブリッと簡単にほぐして外すことができます。これは、針先でウィードを拾う前にボディ前面で針をガードしてくれるので見た目以上にウィードの抜けは良好というわけです。

ハードボトムなんかも相性がよくクランクベイトのリップのようにしっかりと針先をガードしてくれるため比較的根掛かりは少ないように感じています。(まぁ、この当たりはボトムでの使用という事もありますので、フィールドに左右される部分が多々ありますが・・・汗。)

なるほど、ウィード抜けは良いことは解かった。でも、ルアーの平面でフック隠してたら、「フッキングは悪くならんのか??」こんな疑問も生まれてくると思いますが・・・全く問題ございませんm(_ _)m

あたるけれどものらないなんてことは今までほとんどないくらいにしっかりとフッキングできます。 マメサイズでもギルの口でもフッキングしています。そんなフッキングのメカニズムなんかも追々書いていきたいと思います。

水中動画なんかもそろそろ用意していきますので乞うご期待を。