2015.6.16 KAESU コテツ背針について

コテツの背針について書いてみます
なぜ背針に?
まずはボトムでの動き及びスタックについては有効の他ありません
水面直下などで、バスの目線にフックが無いのも違和感を持たせません
シングルフックの為、針の抵抗が極端に低い為スイミング姿勢が自然です、ちなみにダブルフックやトリプルフックを載せて見ましたが、スイミング姿勢には大きく影響しました。フックの大きさによっても動きは敏感に変わります。
フッキングは通常のアンダーフックよりは悪いに決まってますが、もとよりエサを食ってるヤツを狙っているわけですから頭から食ってほしいのです。
ワイヤーで固定されたフックはフッキングすると外れるシステムですのでバレる確立もかなり低いです。フッキングが決まらなくとも再度アプローチしても食ってきたことも多々あります。
それはスイム姿勢とフックの存在が無いことによるものであると思っています。
浮力のいる背中にフックを載せることでこのサイズのルアーのバランスに対してどれほどの影響があるかは痛いほどわかりました、しかしどうしても背面にシングルフックでなければ出せないルアーの動きが欲しかったんです。なんせ本気で生きた魚を作っている感覚ですから
次はリアフックシステムについて
つづく


Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/users/1/webtrust02/web/kaesu.jp/wp/wp-content/themes/KAESU/single.php on line 33