新型メタルバイブ。「キレのあるダート」と「飛行姿勢」は共存するのか!?

プロトメタル

キレキレダートのメタルバイブ開発の苦悩を書き綴っております。形状から犠牲になっている飛行姿勢をちょっとした閃きで整えていきます。
このメタルバイブ、通常のメタルバイブと異なり、構造上「飛行姿勢が極端に悪い」という問題がありました。そりゃそうですよね、アイの位置とプレートの位置関係からすれば一筋縄で行かないことこの上ないです。もう少し突っ込んでお話して行きますと・・・

通常のメタルバイブとの違い

通常のメタルバイブならば飛行中はプレートが風を切るように縦になって飛びますが、このメタルバイブはアイがプレートの真ん中についているためにラインの抵抗により、時として面で風を受ける状態で飛ぶことがあります。

※ラインが抵抗になっています・・・汗。こいつが厄介です。

風が吹いている状況なんかであれば、平たい面全体で風を受けてしまうと空気抵抗が大きく扇風機並みに回転して飛ぶこともあり・・・新品のラインはあっという間に糸ヨレだらけ。数キャストしてみて、さて次のキャストをと水面からルアーが出たとたんクルクルクルクルルアーが回る回る。あぁ、回るんだったらスイベル付ければいいじゃない!?と安易に考えてましたが、これまたフックがスイベルを拾って、エビになる率が上がる・・・汗。

些細な問題ですが、ルアーのキャスト回数が釣果と直結しているという事もあり限りなくストレスフリーにする方向へ。

実際、これを解決するのにいちばん時間がかかりました。

対策としてはまずボディ形状のコンパクト化。面積が大きいほど空気抵抗は増え回転しやすくなるので細くしたり短くしたりの微調整の繰り返し。また、これに加えて「ある細工」を施す事で劇的に改善される事になりました。

続く。