琵琶湖の湖岸は完全水没

こちらの写真、和邇浜水泳場です。今見えている岸は普段の波打ち際ではありません。本来は今の波打ち際より10数mビーチが続いているのですが、大雨で水位が上昇し琵琶湖の湖岸は軒並み水没してる状況です。

見慣れない景色になっております。

昨日(7月9日)の朝6時の時点で、+74㎝の増水、本日(7月10日)の朝6時の時点では+67cmの増水だそうで・・・。普段、湖岸沿いが遊歩道になっている場所はやはり水没しており遊歩道の上にギルやコアユが泳いでいました。

水没した遊歩道のアシの際にピッチングで落とし込むと、水深20㎝しかないにもかかわらず結構な数のバスの姿を見ることができました。道路上で魚を釣ったのは正直初めての体験です。

どこの川も大体泥濁りで、まだまだ水量の多い状態です。これから釣りに行かれる方々、特にウェーディングは普段と地形が異なりますので十分にお気をつけください。


Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/users/1/webtrust02/web/kaesu.jp/wp/wp-content/themes/KAESU/single.php on line 33