「KUNAI(クナイ)」× PEスピニング 【メリットとコツ】

クナイプロトメタル考察

バス業界でPEラインはどの程度、浸透しているのか?ソルト界ではPEなくしてルアーフィッシングは語れないほどにスタンダードなものです。
PEのメリットは圧倒的な飛距離と伸びないことによる感度。

今まで届かなかった場所へ。軽いウェイトをディープへ。

いずれも感度の良さがあってこそできる釣りです。

フロロカーボンの14lbとPEの1号を遠投してしゃくった場合、フロロカーボンの方はラインの重みによってできるたるみで若干ダルンダルンとしたリフトになりがちです。

PEラインはその細さと軽さからラインの重みというものを殆ど感じることなく、ダイレクトにメタルバイブ へしゃくりの力が伝わります。

遠投した深場で「KUNAI(クナイ)」を機敏に動かすにはやはりPEの力を借りるのが一番。

水深が10mあったとしても小さなリフトで十分にバイブレーションを感じられ思い通りに操作できます。

ただしキャストにはちょっとコツが2点ほど。

「KUNAI(クナイ)」はアイの位置がプレート中央部にあるので、上手くキャストしないと風の強い日には回転しやすいことがあります。

もしスピニングタックルで上手く投げられないと悩んでいるのなら・・・

コツその①:【ペンデュラムキャスト】で投げる。

サラッと言ったった・・・そう、なんか名前がやたらとカッチョいい!言いたかった、使いたかっただけ・・・ではありません!

ザクッと言えば竿と同じくらいの長さにタラシをとったキャスト方法です。

【ペンデュラムキャスト】で投げると「KUNAI(クナイ)」の飛行姿勢が安定しやすく、かなりぶっ飛びます。

※【ペンデュラムキャスト】についての詳細は各自ググってみてください。キャストの仕方の動画など色々出てきます。

コツその②:キャストのコツは8割くらいの力で投げる。

フルパワーで投げるよりも若干加減した方が飛行姿勢が安定しやすく結果的に飛びます。

強めのスピニングを持っているなら是非とも一度お試しあれ。