実はプロトスイムベイトも懐が広い!使い方イロイロ

リップ付きルアー

水温も上がりトランキルのスピーディな釣りの方が効率が良く、ついついトランキルばかり投げていましたが、スイムベイトも忘れてはいけません。

実際に長時間使ってみてトラブルが出ないか、根掛かり回避性能や強度、使用感は?などなど短時間のスイムテストでは判断しづらい箇所を時間をかけてテストし、製品にフィードバックしていきます。

ありがたいことに今年は良く釣れていて、投げに行けば打率8割ほどで釣果に恵まれています。

スローに巻いて釣れるのは検証完了。となると、違う使い方がないか探ってみようと思い色々試しているところです。

今回はボトムで糸を張ったり緩めたりのロングシェイク。

スイムベイトなのでジョイントとボディは軟質素材の一体成型で、エイトカンのジョイントに比べて若干の張りがあります。

これをワームを使うようにやさしくシェイクすると、ラインからの振動がしっかりテールに伝わりテピクピクと震え、艶めかしくテールを左右に振った小魚が餌をついばむような絶妙なアクションをしてくれるのです。

サスペンド気味に調整したスイムベイトをボトムまで潜らせ、ブレイクの肩でロングシェイクするとコツコツバイト。

長いけどかわいそうなくらいゲッソリと痩せた55cm。

柔らかく張りのあるボディとジョイントだからこそできるワームのような釣り方でした。

スイムベイト開発はまだ中盤。(とは言え、序盤がこれでもかと言うほど長かった・・・汗)

さらに煮詰めて良いものにしていきます。