聞かれていなくても勝手に語ります。シングルコロラドの魅力

突然ですが個人的にスピナーベイトの中で最も好きなタイプはシングルコロラドです。と言ったらなんか通っぽいかも…という理由からシングルコロラドを使いだしたあの頃。

いつしか本当にシングルコロラドの魅力にとりつかれてしまいました。

今作っているスピナーベイトは、そう、シングルコロラドでは・・・・

ございません。

理由は一つ。

あまりにも使い手を選びすぎるから。

でもこれがよく釣れるんです。

なんとかシングルコロラドの要素を少しでも取り入れたいなぁと思いつつ、スピナーベイトの開発は進んでいます。

というわけで、横道は逸れてしまいますが・・・

そんな要素を少しでも取り入れたいと思っている、個人的に大好きなシングルコロラドの魅力を語ってみようと思います。

シングルコロラドの良い所といえば、誰が巻いても感じ取れる明確な振動。

フォールでも若干ラインテンションを掛けておくと竿先に振動がトントン伝わるほど分かりやすいです。

ちょうど今頃の時期から、シングルコロラドを背の高いエビ藻にテンションフォールさせてよく釣っていました。

目視できるエビ藻の際にショートキャストでテンポよくフォールさせて、ファーストフォールで食わなければ強めにジャークしてもう一度フォール。

その繰り返しで使っていました。

これ、アシ際を攻めるのにも向いてます。

琵琶湖の夜釣りにおいてはスローに引けること、振動の強さ、スナッグレス性の良さ、夜釣りに必要なもの全てが揃っています。

バイブレーションだと引っかかるし、クランクベイトだと一定のレンジしか引けない場合でも、スピナーベイトなら一本で全レンジを釣ることが出来ます。

クランクベイトが引けないような込み入った場所も通せるし、瞬時にフォールの釣りに切り替えるのもお手のもの。

一番好きな使い方は春先の濁ったシャロー。

アシの切り株が水中に沈んでいるような場所を、切り株にコンタクトさせながらゴツゴツと巻いてくる釣り。

ストレスなく続けられるし、バスにもしっかりと気付いてもらえます。

実例を挙げ出せばキリがないのでこの辺にしまして・・・、ざくっと言いますと要はとても守備範囲の広いルアーなのです。

とはいえ欲しくても釣具屋に置いていない。

なかなかシングルコロラドをラインナップしている所が少ないという現状です(涙)


Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/users/1/webtrust02/web/kaesu.jp/wp/wp-content/themes/KAESU/single.php on line 33