春のノッコミ全開 しかし違和感も…

あちらでも、こちらでもドバドバッと跳ね回る巨ゴイ達。

背びれが出るほどの浅瀬で一斉に産卵中です。

毎年必ず見る春の光景ですが、いつもと違う部分も。

今年はどういうわけかナマズが一匹も見当たらない。

普段なら3月後半頃から徐々に姿を見せ、この時期小さな流れ込みに群れで押し寄せるはずが、今年は全く気配が無いのです。

それだけならまだしも、それだけではなく・・・

氷魚(ヒウオ)も接岸してこない。

氷魚はアユの稚魚のことです。

いつもならこの時期は岸沿いにキラキラと帯になって泳いでいるのが確認できるスポットは、いまだに氷魚の気配なし。

氷魚がシャローに寄ればそれにつられてバスもニゴイも寄ってきます。

今年は氷魚が少ないのか?それとも湖流がいつもと違うからシャローに入ってこないのか?

桜が咲くのは早かったけど、水の中は季節の進行が遅いのでしょうか。

そして去年に引き続き、今年も表層と下層の水が混ざり合う「琵琶湖の深呼吸」は観測されず。

いつもと違う要素が多く不穏な春を迎えています。


Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /home/users/1/webtrust02/web/kaesu.jp/wp/wp-content/themes/KAESU/single.php on line 33