超近距離の足元で水面炸裂!バイトの瞬間を激写!

KAESU

こっ、こんな足元で・・・と言う感じです。ウォッ!!っとなった皆さま、ええっと・・・コレ残念ながらルアーではございません。いや、ルアーだったら何と動画栄えしたことでしょう。この動画、ライキリの実釣動画を撮りに行った際にたまたま遭遇したひとコマ。

弱ったコアユが捕食される瞬間の映像です。

琵琶湖ではこの時期、コアユの群れが接岸します。

水面下をワラワラと群れるコアユの下を、バスが数匹のスクールを組んで行ったり来たりしているのをよく見ますが、意外とこのコアユに着いたバスを釣るのは難易度高めです。

クリアな水質でストラクチャーのない琵琶湖北湖の浜では何を投げても見切られやすく、タイミングがよくないとなかなか口を使わないのです。

撮影時は風が強く、若干濁りつつあったのでまさに捕食のタイミング。

まさか食われるとは思わず、ルアーのアクションの参考に・・・と思ってGoProを取り出し撮影。

今度は違う角度から・・・と、水中から撮ろうと思った瞬間に先を越されてしまいました。

リビングデッドというルアーが結構昔からありますが、こんな場面を目撃して作られたのかもしれません。

この手のルアー、欲しくなってきたのでちょっと試作してみます。