テクニカルメタルバイブ「KUNAI(クナイ)」スナップ交換の手引き

クナイ

まさに三寒四温の真っ只中、本日は寒い訳なのですがまだもう少しの間はメタルバイブも活躍します。また、メタルバイブは個人的にはオフシーズンになったよと言う方もメンテナンスは必要。KUNAIのスナップ交換ってどんなスナップ使ったら良いの??です。

危ないかも!?と思ったら早めの交換を!

根掛かりを外したり、魚を釣ったりして強い負荷がかかる事でスナップはどんどん疲労し変形してしまいます。

魚に曲げられて外れたことは今の所無いのですが、根掛かり回収機で引っ張ると時々スナップが縦長に変形した状態で戻ってくることがあります。

そうなればいつ外れるか分からないので早めの交換が必要。

クナイのスナップはキャスト中、ボディ中心に入ったスリットの間にスナップが収まりラインとボディが一直線上になる事で飛行姿勢を安定させる役割があります。

スナップを交換する場合、そのスリットより大きく幅の広いスナップを選択するとスリットに入りきらなかったり、ロックしてしまい動かなくなる可能性があります。

ボディのスリットに入って、なおかつスムーズにスナップが可動する大きさを選択することが重要です。

スナップの強度に関しては強いに越したことは無いのですが、過剰な強度を求める必要はありません。

あまり太いラインを使うものではないしフックも細く小さいので、フックやライン以上の引っ張り強度があれば十分です。

スナップに引っ掛けるタイプの根掛かり回収機を使う場合は頑丈なものが安心ですが、それでも市販されているスナップはそこそこ強度が高いものばかりなので、フィット感重視で選んだほうが良いです。

比較的お店で手に入りやすい適合スナップはコチラ。

カルティバ クイックスナップ

1/4ozならサイズは0号、3/8と1/2ozは1号が適合サイズです。

クロスロックタイプのスナップは開きづらくて良いのですが、幅が広くスリットに収まりきらないものもあるのでスナップ交換の際には良く注意して交換して下さい。