今日もスローロールで安定の釣果!流石「TRANQUIL(トランキル)」

isana(イサナ)tranquil(トランキル)琵琶湖レポート釣行

降り続いた雨によって琵琶湖の水位がどんどん上昇しています。水温もジワジワと上がり、より春らしい感じになってきました。

冬場に調子の良かったポイントはすっかり魚が抜けてしまい、完全に魚のポジションが変わっている状態。

だったらと「春」らしいポイントを

ソフトブレードチャター「TRANQUIL(トランキル)」でシャローを撃っていくとしっかり答えは帰ってきます。

「TRANQUIL(トランキル)」+「ISANA(イサナ)」4.8inchの新色「#11ブラックブルー」コンビで幸先よく一本。

使い方はトランキルと言えばお馴染みの使い方。

ソフトブレードの弱い振動をかろうじて感じるスピードでボトム付近をスローロール。

そう、ほんとコレだけ。

一般的な金属ブレードのチャターベイトがバリバリッ!!と振動するのに対して「TRANQUIL(トランキル)」のソフトブレードはトトトトッ・・・と控えめな生物系波動。

いかにも怪しそうなストラクチャーのキワを通すと・・・さらにもう一本追加。

今日は連発するかも?と思った矢先に雷がゴロゴロとなり始め、アラレ混じりの土砂降りに。久々なこの感じ、ハイシーズンのゲリラ豪雨なんぞを思い出しつつ、あぁシーズンインだなぁと思いふけりながら2本釣って強制終了となりました。

トランキルの新色の「ブラックブルー」コンビがいい仕事してくれます。