チキショー!思い出すだけで悔しいから・・・切って叩いて曲げてアレを試作

KAESU

そう、ご覧の通り羽根です。羽根モノといえば昔はクレイジークローラーをよく使っていました。 見た目も動きも面白くよく釣れるので釣具屋に行っては買いだめして20個近く持っていた時期もあります。

そこから・・・

そしてクレイジークローラーの次はクリーパーにはまりました。

あのサイズだけに最初は釣れる気がしなくてマスキー用のルアーというイメージしかなかったのですが、使い方を教えてもらってからというもの最初の印象はどこへやら、むしろよく釣れるルアーとなりました。ここからデカ羽根モノの世界にどっぷり浸かることに・・・汗。

そんな世界に浸かりながら使っていると少しながらも釣行毎に違和感が。この感じなんなのかなぁと思って投げているとフト気がつく。

デカ羽根モノって、よく釣れるけれどミスバイトが多い釣りだなぁ。

ドキドキ感もハンパ無いのですが、ただでさえ手返しが良くない釣りで、魚が出るのにミスバイトが多いって言うのは実に悔しい!良い出方をしてくれるだけに、輪をかけて勿体無い感が。

よく出るけれどノリが悪いというジレンマを解決すべく・・・作ります! ?

「ミスバイトさせないデカ羽根モノ」 さてさてそんなルアー出来るのか!?