更なるパワーアップ!?「ISANA(イサナ)」にアレを添加してみた!

isana(イサナ)

今年の春は例年に比べてとにかく寒い!例年なら湖西のシャローには小鮎とバスの群れが入る時期なのに、水温は低い+毎日荒れ模様で魚っけなし。

湖西のオカッパリは諦めて南湖へ下り、穏やかな場所を探してプロトルアーのテスト。

一通りアクションをチェックしたところで・・・

「ライキリ」を引っ張り出し、気になる場所をランガン。

最初はタングステン球3つのスローフローティングで浅いレンジをジャークで探り、反応がないのでタングステン球4つのシンキングタイプで一段下のレンジをスローに探ります。

ウェイトを簡単に着け外ししてレンジや使い方を変えられるのが「ライキリ」の可変ウェイトシステムのメリット。

深いレンジを左右にゆったりグライドアクションで探ると、ゴゴっ!と当たるもフッキングには至らず。

歯形だけついて帰ってきました。

もうちょい後ろを食ってたらノッてたのに…

お次は「ISANA(イサナ)」6.5inchのノーシンカー

遠投して引っかかりそうなややこしい場所をトントン。時間をかけて、ゆっくりボトムをトントン弾いてステイ。

トントン揺するならテキサスでも良いのですが、フォールとスイミングでもユラユラと誘いたかったのでノーシンカーを選択。

投げること数投でギュイーンと勢いよく持っていくアタリがあり40後半を捕獲。これはワームに施したアレの恩恵か??

今回ワームの添加剤というものを新たに導入してみました。

今までワーム用のニオイをつけるフォーミュラーにはあまり良いイメージがありませんでした。(とは言え、効果効能とは別の部分でという事なのですが・・・汗)

理由はワームの袋の中に液状のフォーミュラーを入れると何かの拍子に漏れ出てきてひどい目にあったから。バッグの中で液体が漏れると大惨事。

バッグは使用不能。

ニオイの付いたものは石鹸で丸洗いする羽目に。

今回「ISANA(イサナ)」に使ったブツは…

仙台のストライクさんで販売されているオリジナルのワーム添加剤。

↓気になる方はコチラからどうぞ↓

https://thestrike.base.shop/items/15439029

これはいいかも!と思った理由はワーム添加剤が粉末だったから。

粉末であればワームの表面にくっつくので袋から漏れ出てくることがありません。

ワームにまぶせば表面がサラサラになるのでワーム袋の中でワームにクセがつくのを予防できそうです。

粉なので一投目で粉末が落ちてしまうのではないかと思いましたが、水に濡れるとワームに馴染むのかしっかりとニオイを保ったまま使えました。

結構な内容量で販売されているので色々なワームにたっぷりと使えるのも嬉しいところです。

皆様も是非お試し下さいませ~m(_ _)m