縁の下の力持ち 「エイトカン」

ボリューム大ルアー違和感のマサムネ

ルアーを作る上でボディ形状やアクションなどある程度決まってきたら本格的に考えないといけないのが内部の機構。地味~に大事なのがエイトカンです。
今までテスト中にエイトカンが抜けたり折れたりした事はないけれど、バスだけに使われるとも限らないのである程度の強度は確保したいトコロです。

なかなか持ってして

ラインアイやフックのアイが抜ける事はほぼないと思っていいですが、ジョイントのエイトカンは魚がかかって暴れるとテコの原理でとんでもない力がかかります・・・汗。

海外の巨大魚を狙っている人達の話を聞くとビッグベイトの下半身が吹き飛ばされたとか、ヒートンが開いたとか・・・。

そんな場所で釣りをする事など殆どの人はないと思うので過剰な強度は求めていませんが、魚を陸に上げてからビッタンバッタン!と暴れられると想像以上にルアーに負荷がかかるのは事実。

最低限の強度を確保するためにステンレス線の太さを変えてみたり、形状を考えてみたりと試行錯誤中です。

ルアーのサイズによってはエイトカンが浮力を侵したりなんかするなんていう事もざらにあるので、最後まで慎重に。