タイニーマサムネ(仮)はハードとソフトルアーの利点を1つに凝縮

マサムネ

i字系ハードルアーの最大のメリットは〔ワームよりもスローに扱える〕という点。i字系ソフトルアーは沈まない程度のスピードでリトリーブしてくる必要があります。

水温の低い時期には出来る限りスローに引きたい。なんなら浮かべてロングステイしたい。

そんな状況は浮力のあるハードルアーでしか対応することができません。

対してi字系ソフトルアーのメリットは食わせ能力の高さ。

柔らかいものからは柔らかい質感と波動が出ています。

それ故にハードルアーにはない艶かしさ。

タイニーマサムネはハードとソフトの良いところを一つにしました。(まぁ、オリジナルサイズのマサムネもなんですが・・・汗。だたこちらはボリュームが大きいのでイメージしにくいかもしれません)

i字系ハードルアーは最初の1匹を釣るまでに「動いてなくて本当に釣れるのか?」という心の声と戦わなくてはなりません。

スローに引くだけで食う!とか、浮かべておくだけで食う!と言われても実際に体感しないことにはなかなか信じられませんよね。

マサムネのテールは浮かべておくだけでだけでも風波で微妙にフラフラとうねっています。

弱って水面に浮いてる小魚の尾ビレはちょうどこんな感じでフニャフニャ〜と動いてます。

コレだけでも釣り人にとってはモチベーションアップにつながるんじゃないかなと。

軟質素材のテールから生まれるナチュラルな波動とワームでは引けないスローな速度域。

オリジナルサイズはちょっとデカいな〜という人にも扱いやすい一口サイズで製作中です。