マサムネ「小」最終調整中

マサムネ

無事金型も出来上がり、射出成形していざ本番仕様のウェイト調整です。

ボディが小さいのと、ボディのど真ん中にウォーターダクトがあいているのとで浮力がかなり低く、スプリットリング一個分くらいのウェイトを追加するだけで沈下スピードがめちゃくちゃ速くなってしまいます。

また厄介なモン作ってしまったな…

とボヤきつつ微調整を繰り返しています。

i字系といえば水面下をゆっくり一定のスピードで巻いて釣るのがスタンダードかと思いますが、昨年にマサムネ「小」でよく釣れていたのはミディアム〜ハイスピードリトリーブのストップ&ゴー。

ウィードパッチの横をグリグリグリ、ピタッの連続で通すと大小サイズを問わず、勢いよく飛び出してきて迷う事なくバイト。

ルアーを追うだけで食わないことが多いi字系ですが、水温の高い時期はスピードを上げてやると意外に迷うことなく食ってきます。

そんなわけでスローからファーストまで全スピード対応を目指して作り込みます。

※余談ではありますが、ボディが小さくリクエストしたウロコ模様がこれまた細かいので金型4回やり直したという・・・汗。結果メチャメチャ綺麗会心の出来!