ルアーなんて言うのはきっと「キミノ想像力デ、完成スル」

考察

突然ですが・・・こんなものを作ってみました。

針がお腹になかったらどうなん?

少し深いレンジを引きたい

根掛かりのリスクは減らしたい

なんならボトムズル引きやステイで釣れんのか?

泳がせてみたかったけれどすでに外は真っ暗。

そもそもちゃんと泳ぐのか?コレ

ルアーって作るときはもちろんコンセプトがあって

こうやって使ったらいいですよーというメーカーの意図した「釣り」があるわけです。

時々それから外れた謎の使い方をする人が出てくる。

大抵そんな時って言うのは「えっ?それなんなん?」と思わず聞きかえしてしまうような使い方で。

こんな意図で作りましたよ〜とプロダクトを通じてのご提案は、そのルアーのほんの一部分でしか無く実際のところはもっと未知なる可能性を秘めていたり。

きっと「ルアーの使い方なんて言うのは自由」なんです。

もっと極端な事を言うと「ルアーに使い方に正解なんてない」のかなと思ったり。

ライキリをシミーフォールさせる人がいる。

クナイをシェイクして釣る人がいる。

コテツを下針に改造する人がいる。

もうね、見ていてワクワクが止まりません。

そのルアーの動きを見て、自分の理論を持って、考え、想像して導き出した答えなら千金に値します。

意図されたものと違うものが生まれ、一人歩きを始めたときこそ、本当にそのルアーが「理解」された瞬間なんじゃないかなと思うのです。

頭をふニャーンとしながら、ビビっ!と閃いたら提案している使い方では無くてもトライしてみると言うのも面白いです。

出会った事の無いサカナに出会えたり、今まで考えつかなかったような思考が解放されたり、今までとは異なる世界が見えたりするかもしれません。

ちなみに・・・見えなかったりする時も多々あります。

閃き行動してみる。

きっとそんな経験は自分の血となり肉となり、釣り以外でも役に立つ。

と思って、トライしている今日この頃でした。